« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009.12.04

「ツイッター 140文字が世界を変える」を読んで思ったこと

ネットで話題になっていた「ツイッター 140文字が世界を変える」を
読んで、思ったことをまとめてみました。

最初に、「この本を読むとTwitterが使いたくなる」ってことかな。
Twitterの使い方から、楽しみ方法が具体例とともに紹介されて
いるのでイメージしやすいです。

私もTwitterは使っていますが、実は2007年5月くらいから
やっていました。その時は、数人の仲間だけで情報交換的に
使ったおり、今のようにいろんな人をフォローするなんてことは
考えたこともありませんでした。

この本にも紹介されている第1次ブームの頃かなあ。
どこかで、「SNSよりもゆるいつながりが良い」っていうのを
見て、意味も分からず始めたんじゃないかと思います。

この時は、イマイチ盛り上がりに欠け、徐々にメンバーが減り、
最後にはまさに「月面で独り言」状態になってしまい、
ほったらかしになっていました。

本格的再開したのは、この本にも出てくる「がんばれ!社長」の
勉強会に行ってからです。
この場で、百式の田口さんから、「Twitterの時代が来る
という話を聞き、もう一度やってみようかなという気になった
からです。

幸いにも、この時は身近なところに活発なメンバーがおり、
その人がフォローしている人をフォローするみたいな形で、
フォローする人を増やしていきました。そして、少しだけど
自分からつぶやいてみることにしました。最初は、独り言
みたいでしたけど、徐々に何らかのレスポンスがあるように
なりました。こうなると楽しみが増えていきます。

何気ない一言から、突発的に、イベント開催が決まったことも
ありますしね。

こうやって思い返してみると、この本に書かれているとおりに
動いているようで、少し悔しいなあ。

この本には、さらにTwitterを楽しむ、活用するサービスが
紹介されています。私が知らなかったサービスもあり、
ぜひ使ってみようと思います。


ここまで読まれて、Twitterに興味を持たれた方は、ぜひ
体験してみると良いと思います。最近はテレビでもよく
取り上げられていますし。

この本にもあるように、Twitterに正しい使い方は無いと
思います。とりあえず、使ってみて、徐々に自分の形を
見つけていけば。ただ、色々な人をフォローして、こちらから
発信していく方が楽しみが増えるだろうということは言えます。

私は、この本を読んでから、フォローする人を増やして
みました。これまでは、ライフハック系やIT系の人をメインに
フォローしていましたが、今回は、マラソン関係のつぶやきを
している人もフォローしてみました。

フォローする人を増やすと、すべてのつぶやきを読むことは、
難しくなりますが、新たな世界が見えてきたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »